ストレス性胃腸炎などの病気を知っていますか【病状原因突き止め隊】

Doctor

ストレスで患う

自分の心がわからなくなっているならカウンセリングを神奈川で受けませんか?アドバイスが欲しい方はこちらを利用しましょう。

仕事のストレスを溜めることで心身共に不健康になる可能性があります。ときには自分の為のリラックスタイムを設けましょう。

ストレス性胃腸炎とは

Doctor

ストレス性胃腸炎は現代人に大変多い病気であり、日本人の4〜8人に一人は罹患していると言われている病気です。 内視鏡で検査しても異常が見つからないのに、異や腸に違和感や痛みなどの症状があらわれます。ストレスの影響を受け、胃もたれやみぞおちの痛みを感じる場合、ストレス性胃腸炎の疑いがあると言えるでしょう。 初期の段階では吐き気やムカムカする感じ、食欲がないといった症状が見られるのですが、慢性化してくると、胃液が上がってきて酸っぱい、みぞおちの激痛や灼熱感といった症状が出現し、治療を要する状態となるでしょう。

治療について

ストレス性胃腸炎の症状がどのようなものかによって治療法も変わってくるのです。 胃腸の機能が弱っている時や、胃潰瘍などになっている場合はそちらの治療が優先です。 吐き気などの症状に対して、薬による対症療法もあるのですが、ストレス性胃腸炎の原因はストレスです。 このストレスを解決しなければ、病気は悪くなる一方なので、まずは休息を取ることが大切です。 物事の捉え方を変えてみたり、相談できる人を見つけることも重要です。 食事は化の良い物を選択し、揚げ物やお酒など胃腸に負担のかかるものを避けることが必要です。 食べたくないときには無理に食べず、水分補給を中心にすると良いでしょう。 あまりにもストレスが強い場合は、心療内科やメンタルクリニックなどを受診し、精神的に安定する薬を処方される場合もあるでしょう。

つらい痛みが続くならストレス性胃腸炎を疑ってみましょう。場合によってはすぐに対策しなくてはいけないこともあります。

癌について

Doctor

癌は、進行すると転移したりしますので、治療が大事になってきます。そこで治療の取り組みとしては、手術と放射線治療と抗がん剤が主にあります。また、さまざまな理由から、今後、癌の検査を受ける人が多くなる可能性があります。

Read More

潰瘍性大腸炎の撃退法

Doctor

潰瘍性大腸炎とは、大腸の粘膜がただれたり、潰瘍ができる特定疾患であり、下痢や発熱を伴います。国内には、10万人をこえる患者さんがいるが、その原因はよくわかっていないです。

Read More

Related Links

  • スマイル・ユー

    カウンセリングを大阪で行なっているのがコチラです。さまざまな悩みに対応しているのでオススメです。まずは相談してみましょう。

患者で違う治療法

Doctor

乳がんの治療は手術・放射線治療・ホルモン療法・抗がん剤などを組み合わせて行ないますが、患者によって適切な治療法や費用がかなり異なるという特徴があります。また手術後に行なう乳房再建術にも、いくつかの種類があります。

Read More